鬼塚選手世界ジュニアへ

私が応援している大牟田高校の鬼塚選手が、陸上の世界
ジュニアへ出場するとの有明新報の記事を転載します。

「日本代表に恥じない走りを」

鬼塚君世界ジュニアへ

大牟田高校駅伝部からは初の出場

 大牟田市草木、大牟田高校駅伝部(赤池健監督)の鬼塚
翔太君(2年)は22日から、アメリカで開催される第15回世界
ジュニア陸上競技選手権大会に、5千Mの日本代表として出場
する。同部からは初めての出場。鬼塚君は「世界のトップレベル
の選手たちと競い、自分を高めたい。日本代表に恥じない走りを
したい」と闘志を燃やしている。

 大会は22日から27日まで、オレゴン州ユージンで開催され、
トラックとフィールド競技の世界トップレベルの選手たちが集結
する。日本からは、日本陸上競技連盟より男女43人が派遣される。
 
 鬼塚君は昨年の全国高校駅伝大会ではアンカーとして力走し、
同部の準優勝に貢献した。今年5月31日には、北九州市で
あった鞘ヶ谷記録会の一般高校男子5千Mに出場。実業団
選手たちを抑えて日本人トップの3位に入り、現役日本人
高校生では最速となる13分58秒43をマーク。
今回の日本代表選手に選ばれた。

 鬼塚君は「初めての世界大会で不安もあるが、世界トップ
クラスの選手たちと走るので楽しみ」とし、「この大会で経験を
積み、冬の都大路につなげたい。駅伝部を盛り上げるような
走りをしたい」と意気込みを話した。

 赤池監督は「これから世界に羽ばたいいていく上での、第一歩
になると思う。失敗を恐れず、思い切り走ってもらいたい」と期待
を込めた。

(有明新報7月16日付 牛島 亮介記者 より転載) 
(同じ投稿をhttp://bakusai.com/thr_res/acode=10/ctgid=104/
bid=2292/tid=2674642/にもしています)

[PR]
by hiromu311888 | 2014-07-16 19:41 | 大牟田高校関係 | Comments(0)

自由に、気ままに、独断と偏見で?、Blogを書いてみました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31