本日の有明新報にも

 第一小学校の生徒が「音と光の祭典」に企画の段階から参加している
ことが、1面に掲載されていました。

 一小には例年、3年生にステージ発表を依頼しているがしているが、
今回委員会から「地域を盛り上げ、縁の下の力持ちになる経験を積んで
ほしい」と6年生の裏方参加を依頼したのに、学校側が全面的に協力を
表明された結果です。

 ○ 司会を担当する大城杏菜さんの話
「緊張と楽しみが半々。うまくいくといいな」

 ○ おもちゃ販売を担当する馬場桃香さんと落合七海さんの話
「全部買ってもらいように頑張ります」


[PR]
by hiromu311888 | 2014-09-26 16:07 | 元気づくり | Comments(0)